生配信劇の魅力

初めましてこんにちは!

南極ゴジラでマネージャーをしております。端栞里と申します。今回、このホームページでブログを書くことになりました!やったね!桃源Qについてちょっと触れつつ、私の感想を書きつつの、日記のようなものを書いていこうとおもってます!楽しく読んでいただけるように頑張ります!!

実は以前桃源Qのクラウドファンディングをしていた時にその活動報告のページで同じようにブログを書いていました。もうクラウドファンディングは終了しているのですが、サイトで「桃源Q」と調べていただくと、まだ見れると思いますので、ぜひ読んでいただけると嬉しいです!

 

皆さん!!桃源Q観てますか!!

南極ゴジラがインスタグラムで毎週配信している『桃源Q』。観ていただいてますでしょうか?桃源Qのホームページに来てくださってるということは、観ていただいてるのではないかと思っています!ありがとうございます!もしまだ観たことないよって方は、南極ゴジラのインスタグラムで

上の画像のをつけた部分を押していただくと、現在配信されている1~7話のアーカイブを観ることが出来ます!なのでどれか一つ、タイトルでも画像でも、気に入ったものを観ていただけますと、桃源Qがどのようなものなのか、なんとなくわかっていただけると思います!

★南極ゴジラのインスタグラム★

  

演劇の生配信って観たことありますか??

今日は、私が気になることの話をしたいと思います。皆さん、桃源Qにかかわらず、演劇の生配信って観たことありますか?このコロナ渦でだいぶ増えたのではないでしょうか。実は私はコロナ以前の演劇のことはあんまり知らないのですが、ほとんどなかったのではないですかね?映像にして残すことはあっても、生で配信するのはめずらしかったと思います。私が初めて見た演劇の生配信が、まだ配信があまり主流ではなかった時期だったのもあり、結構カクカクしてて、ちょっと残念だったんですよ。それがきっかけで少し遠ざかっていました。アーカイブが残るならそっちの方が綺麗かなと。そんなふうに思っている人も少なく無いのではと思います。でも、最近好きな劇団の生を感じたくて、生配信劇を観たんです。そしてそれがめちゃめちゃきれいだったんですよ!やっぱり今は色々と機材が揃ってて、綺麗に配信されているものが多いんですね。びっくりしました。演劇の配信はコロナ渦でめちゃめちゃ進化してます。定点カメラだったのが、役者さんの顔がアップされたり、カメラマンが舞台上に上がり込んでワンカットで撮影していたり、ワクワクする仕掛けが盛りだくさんです。

私はこのカメラマンが舞台上に上がり込むタイプの配信がとても好きなんです。めっちゃ面白いんですよ!演劇で大事な、フィクション性や、リアルタイム感がありながら、演劇にはない、表情が細かく見えたり、カメラ目線でしゃべりかけてきたり、世界の中に入り込んだ感じが味わえるんです。配信演劇の良さが詰まっていると思います。

いま配信されている『桃源Q』の中で、この感じが強く出ているのが、1話と7話だと思っています。

#1 ウーピー、ミンミン、カンフーパンダ

1話は世界観抜群で世界に入り込んだ感が味わえます。布団の中に潜り込んで真っ暗な中で観てほしい演劇です。

#7 思い出たゆたう湖に果てなし

7話はカメラマンがまじで走り回ってます。文化祭感、演劇感満載で、世界を横断している感じがあります。

 

配信劇には演劇にある迫力とか、パワーとか、なんかこう鳥肌の立つ感じが足りないなぁと思っている方いませんか???『桃源Q』にはそのパワーが際立ってます。突出してます。グワっときます!これ結構大切ですよね。そしてその圧は、リアルタイムで観ることで何倍にもなるんです!ここまで長々と書いてきましたが、結局一番伝えたいことは『桃源Q』の生を感じてほしい!ということです。(ちょっと長すぎましたね…)

配信劇が苦手な方にこそ観てほしいです!時間も短くてちょうどいいと思います!

あ、そういえばこのブログ、コメント欄があるみたいなんです。お暇な方は配信劇についてどう思うか、桃源Qについてどう思うか、コメントしてみてください!

  

次回8話、#ラブ&サンダー

配信時間は6月13日(日)22時から!

この8話は1~7話を観ていただいたうえでご覧いただけるととても楽しめる作品になっています。でも、そんな時間ないよ!8話に間に合わないよって方は、8話を観たのちに、観返していただけると嬉しいです。

ぜひリアルタイムで、生観を味わいながらご覧ください!6月13日(日)22時から!時間忘れないようにしてくださいね!

★南極ゴジラのインスタグラム★

ではさようなら👋

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。